まとめ ゲーム

呪術廻戦第145話「裏」ネタバレ・感想

呪術廻戦144話/芥見下々/集英社より

こちらでは呪術廻戦の145話のネタバレ・感想について書いていきます。

144話では偽夏油が、死滅回遊なる呪術を与えられたもの同士の殺し合いゲームにどうにか対応するべく、五条悟の封印を解くため、天元様に会い薨星宮(こうせいぐう)に向かうことになります。

そして、虎杖達の目の前に天元様が現れたところから145話が始まります。

呪術廻戦第145話「裏」ネタバレ 偽夏油の正体

天元様は一人一人虎杖達の名前を呼んでいきますが、唯一九十九だけ呼ばれません。

「私には挨拶なしかい?天元」と言うと、

「君は初対面じゃないだろう 九十九由基」と天元様は答えます。

そして、何故薨星宮(こうせいぐう)を閉じたのか理由を聞くと、天元様は

「羂索(けんじゃく)に君が同調していることを警戒した 私には人の心までは分からないのでね」

と答えます。

聞き慣れない羂索という言葉に困惑しますが、天元様は

「かつて加茂憲倫 今は夏油傑の肉体に宿っている術師だ」

と答えます。

そう、偽夏油の正体の名は【羂索】でした。

そこに虎杖が急に天元様の風貌について問います。

天元様は「私は不死であって不老ではない 君も500年老いればこうなるよ」と答えます。

呪術廻戦第145話「裏」ネタバレ 天内理子の代わりはいなかった

続けて、11年前、星漿体との同化に失敗してから老化は加速し私の個としての自我は消え

天地そのものが私の自我となったんだと答えます。

星漿体とは、天元様と適合する人間のことでいわば生贄です。

天元様は老いていくと、高次元の存在になってしまい意識がなくなってしまいます。そうなると、人の味方になるか敵になるかも分かりません。なので、500年に一度肉体を新しくする必要があるのです。その肉体こそ星漿体です。

11年前、禪院甚爾(ぜんいんとうじ)に星漿体の候補天内理子が殺されてしまい、新しい肉体に変わることができませんでした。そのため、高次元化が進み、天元様自身の自我が消えてしまったと。

するとここで、伏黒と乙骨が本題に入ります。

「僕達はその羂索の目的と獄門疆の解き方を聞きに来ました」

天元様はもちろんと言いますが、一つ条件を出してきます。

それが、

「乙骨憂太」

「九十九由基」

「呪胎九相図」

この中の2人はここに残って護衛をしてもらうと言います。

呪術廻戦第145話「裏」ネタバレ 天元様は呪霊に近い

理由を問うと、天元様は

羂索の目的が「人類と天元の同化」だと言います。

つまり、11年前は星漿体しか、天元様とは同化できませんでしたが、それが今誰とでも同化できる存在になっているとのこと。

それが「羂索の目的である人類の進化」の最終目的であるかは分かりませんが、羂索はまずこれを狙っているようです。

そして、最も問題なのは、進化してしまった天元様は人間よりも呪霊に近いとのこと。つまり、偽夏油の呪霊操術の 術式対象とのこと。

呪術廻戦第145話「裏」ネタバレ 死滅回游の目的

だからこそ護衛がいると言います。

偽夏油の羂索に会ってしまうと瞬く間に取り込まれてしまうかもしれないからです。

それでは、羂索の死滅回游はなんの目的なのか、その答えは、天元と人類の同化の慣らしであると天元様は言います。

だから、参加者が全員死ぬか参加を拒否して死ぬかしないと終わらないゲームになっていると。

津美紀を救いたい一行はゲームに参加しルール6の【死滅回遊に総則(ルール)を1つ追加できる。】と言うものを利用し津美紀を救うことを決めます。

6、泳者(プレイヤー)は自身に懸けられた点(ポイント)を除いた

  100得点(ポイント)を消費することで管理者(ゲームマスター)と交渉し

  死滅回遊に総則(ルール)を1つ追加できる。

虎杖が五条先生の解放について尋ねると「その前に誰が残るか決めてくれ」と言われてしまう。

呪術廻戦第145話「裏」ネタバレ 残るのは

「私が残ろう」

「俺が残ろう」

九十九由基と脹相が前に出ます。

「ありがとう」

そういった天元が、何かを取り出します。

「五条悟の解放

 そのために必要な 獄門疆「裏」だ」

呪術廻戦第145話「裏」ネタバレ 五条先生の解放について

天元様がいうには、五条悟開放の鍵は、獄門疆「裏」とのこと。

羂索に見つかる前、獄門疆はおそらく海外にあったとのこと。「裏」を封印することで表の気配を隠していたが見つかってしまったとのこと。

そして、この裏にも五条悟は封印されているらしい。

それじゃあこれを開ければと一同思いますが、あくまでも権限は表の所有者羂索にあるので簡単にできないと天元様は言います。

ただ、この獄門疆「裏」に二つ方法があると言います。

一つが、あらゆる術式を解除できる「天逆鉾(あまのさかほこ)」。これは11年前、禪院甚爾が五条悟を殺した際に使ったものです。天逆鉾(あまのさかほこ)があれば、五条悟の無敵の術式も無効化できます。しかし、これは五条悟がその後破壊しています。

もう一つ術式効果を乱し相殺できる「黒縄」。これは0巻でミゲルが五条悟を足止めした際に使いました。しかし、これも五条悟がどこかにやってしまったようです。

するとここで、乙骨がミゲルと海外に行っていた理由は黒縄の残りを探すためだったと明かします。しかし、無かったと。

しかし、まだ手はあるとのこと。

それは、「死滅回遊に参加している泳者の中に「天使」を名乗る千年前の術師がいる」

「彼女の術式は あらゆる術式を消滅させる」

それは

来栖 華(くるす はな)

  • この記事を書いた人
アバター

モキチ

サブカルが好きすぎる会社員。 年間「ミル」漫画、アニメ、映画合わせると1,000本超え。 なんだかんだwebサイト運営歴は長くてほかにも数個webサイト持ってます。

-まとめ, ゲーム