ウイスキーの種類

ボウモア 18年 700ml

ボウモアは、1779年にスコットランドのアイラ島で稼働した蒸留所で、現在アイラ島で稼働している8つの蒸留所の中で最古の蒸留所です。自家製の麦芽を約30%使い、昔から変わらぬフロアモルティングと呼ばれる伝統的な製法で製麦しています。アイラモルトは北部にある蒸留所は比較的軽め、南部にある蒸留所は比較的重めのウイスキーを造るという特徴がありますが、ボウモアは地理的にその中間に位置しています。味においても”中庸の酒”と呼ばれ、ほどよいスモーキーさに蜜のような甘みをあわせもっています。アイラモルトの中では、女性的な味わいで、「アイラモルトの女王」とも呼ばれています。
「ボウモア 18年」は、シェリー樽由来のスイート感が贅沢に感じられるボウモアらしいシングルモルトです。香り、味わい、フィニッシュまで存分に楽しめるボトルです。

■香り
クリーミーなトフィーや完熟したフルーツのような芳醇な甘い香りにかすかにスモーキーな香りが広がります。

■味わい
フルーツやチョコレートのような柔らかな甘みの中に、心地よくスモーキーな味わいを感じられます。

■余韻
スモーキーさと上品なスウィート感が絶秒に調和され長い余韻が続きます。

オススメの飲み方:ストレート、ロック、トワイスアップ

・樽:シェリー

-ウイスキーの種類
-