ウイスキーの種類

ブラックニッカ クリアブレンド ペットボトル 1800ml

1956年、現在のニッカウヰスキーの前身となる「大日本果汁株式会社」の創業者で日本のウイスキーの父といわれる竹鶴政孝氏が、「日本の洋酒界を代表するブランドにしたい」という想いを込めて世に送り出したウイスキーが初代ブラックニッカです。彼は、「日本で本物のウイスキーをつくりたい」という情熱を抱き、本場スコットランドでウイスキー造りを学びました。ラベルの「KING OF BLENDERS」は彼のウイスキー作りの哲学の一つである「ブレンドの大切さ」を
象徴するために作られたキャラクターで、実在の英国人「W・P・ローリー」がモデルといわれています。モルト原酒に、熟成させてまろやかになったカフェグレーンをブレンドすることで、香味豊かで力強さと柔らかさをあわせもった魅力的な味わいで、爆発的に人気となりました。
「ブラックニッカ クリアブレンド」は、原料にノンピートの大麦麦芽を使用しており、当時の日本にはなかった発想で造られ革新的といわれたボトルです。ウイスキーのもつ独特な苦みや香りが抑えられ、よりまろやかでクリアな味わいに仕上げれられた、非常に飲みやすいウイスキーです。

■香り
ノンピートの麦芽本来のやわらかくて甘やかさのある香りが広がります。

■味わい
非常にまろやかな口当たりで、ウイスキー本来の芳醇な香りが上品に広がりクリアですっきりとした味わいです。

■余韻
ピュアでおだやかな甘みを感じられるすっきりとした余韻です。

オススメの飲み方:ハイボール、水割り、ロック

  • この記事を書いた人
アバター

モキチ

サブカルが好きすぎる会社員。 年間「ミル」漫画、アニメ、映画合わせると1,000本超え。 なんだかんだwebサイト運営歴は長くてほかにも数個webサイト持ってます。

-ウイスキーの種類