まとめ

【office2021】が2021年秋にMicrosoftより発売決定

米Microsoftは2月18日(現地時間)、Office 2021を今年の秋に発売することがわかりました。

一般ユーザー向けとビジネスユーザー向けの2種類があるとのことです。

どちらもWindows版とMac版があります。

office2021は多くのユーザーの要望に応え買い切りプラン!

Microsoftはクラウド型の「Microsoft365」を強く推奨しておりますが、「サブスクリプションではなく買い切りがいい」と考えるユーザーが多くいました。

その要望に今回応えてくれた形になります。

モキチ
これはうれしい!

5年間の固定サポート付きですが、これは前回の7年より短くなっています。

一般ユーザー向けとビジネスユーザー向けの2つプランが存在

プランは一般ユーザー向けとビジネス向けの2種類があります。

詳細については明らかになっていませんが、価格は「office2019」と同じとのことなので、「Office Personal」は3万2784円、「Office Home & Business」は3万8284円となる模様です。

新しい機能も有り!

「Microsoft 365」で導入された「XLOOKUP」や「LET」、「LAMBDA」も買い切りプランに初めて導入されます。

従来の関数の欠点を解消する目的で導入されたものなので、よりパフォーマンスを発揮しそうです。

  • この記事を書いた人
アバター

モキチ

サブカルが好きすぎる会社員。 年間「ミル」漫画、アニメ、映画合わせると1,000本超え。 なんだかんだwebサイト運営歴は長くてほかにも数個webサイト持ってます。

-まとめ