まとめ ランキング

世界の国別平均給料・収入ランキングTOP30 日本がどれくらいか調査しました!

働く上で、給料額は非常に大事な要素の1つですよね?世界から見て日本はどれくらいもらえているのでしょうか?

こちらでは、世界の平均給料を見てから、平均年収の推移を確認して、世界から見て日本の平均給料がどれくらいの立ち位置にあるのかをまとめます。

世界の労働時間ランキングはこちら
→https://babylon-liq.com/matome/workingtime-ranking

世界の国別平均給料・賃金ランキングTOP30

World Data.info(https://www.worlddata.info/)を元にしたランキングが以下になります。

1位 モナコ 2023万円
2位 リヒテンシュタイン 1266万円
3位 バミューダ諸島 1154万円
4位 スイス 908万円
5位 ノルウェー 878万円
6位 マカオ 851万円
7位 ルクセンブルク 754万円
8位 アイスランド 738万円
9位 アメリカ合衆国 683万円
10位 デンマーク 654万円
11位 アイルランド 649万円
12位 シンガポール 639万円
13位 スウェーデン 598万円
14位 オーストラリア 578万円
15位 オランダ 557万円
16位 香港 547万円
17位 オーストリア 535万円
18位 フィンランド 519万円
19位 ドイツ 513万円
20位 ベルギー 493万円
21位 カナダ 487万円
22位 日本 449万円
23位 イギリス 449万円
24位 フランス 446万円
25位 アラブ首長国連邦 445万円
26位 イスラエル 444万円
27位 ニュージーランド 443万円
28位 イタリア 364万円
29位 韓国 332万円
30位 スペイン 320万円

日本は22位となっていてGDP3位の先進国ということから考えると、あまり良くない結果にはなっています。

まあ、物価のことは考えていないランキングにはなりますが、1位のモナコなんて2000万円を超えています。

OECD加盟国の平均給料・賃金について

先進国が加盟しているOECDの中では、日本はどれくらいなのでしょうか?

グラフの通り、日本は24位でした。

OECDの中でも平均以下になっていることがわかります。

決して高いとは言えないですね。

日本の順位ですが、実は年々下がっています。。

上記グラフは2019年のものですが、2018年の日本の順位は19位で、韓国より上に位置していました。

世界の平均収入推移

こちらが、2000年から2018年までの各国の平均年収の推移です。※日本は赤線

こちらが2000年と2018年の各国の平均収入の比較です。

平均年収が下がっているのはギリシャ、イスラエル、ポルトガルのみで、それ以外の国々は上がっていることがわかります。

しかし、日本の平均年収が2000年に比べて+$106しか上がっていないのに対して、諸外国はかなり上がっていることがわかります。

特に、すごいのは韓国とアイスランドですね。
2000年時点と比較すると平均年収が$10,000以上も高くなっています。

フランス、イギリス、カナダの平均年収も2000年時点では日本よりも低かったのですが、追い抜かれてしまっています。

2018年の時点で、$4,000~$8,000も高くなってしまいました….

結論、日本は世界的に見れば給料の高い国ですが、先進国の中では給料の少ない国と位置づけられるかと思います。

まとめ

世界の国別平均給料・賃金ランキングTOP30から日本が世界から見てどれくらいなのかをまとめました。

結論は、日本の減金収入は、世界的に見れば高いが、先進国の中では低い方である。
かつ、OECD加盟国の平均収入の推移は、各国上がっている国が多い中、日本はほぼ横ばいです。
そのため、相対的に平均収入が下がっていると考えられます。

ということになりました。

世界から見ると、悲しいことに日本の国力は下がっていることになります。

2000年以降、グローバル化によって、優秀な物資や人が「輸入」されるようになりました。

国内でもこういった競争に勝ち切れていないことも国力が上がらない要因かと思います。

昔の日本から考えると、日本人にとっては厳しい状況が今後も続いていきそうです。

  • この記事を書いた人
アバター

モキチ

サブカルが好きすぎる会社員。 年間「ミル」漫画、アニメ、映画合わせると1,000本超え。 なんだかんだwebサイト運営歴は長くてほかにも数個webサイト持ってます。

-まとめ, ランキング