まとめ ゲーム

Valheimの個人オンラインサーバーの作成方法まとめ!常時のサーバーの立て方

Valheimの個人で出来るオンラインサーバーの建て方を紹介します。

Valheimの個人オンラインサーバーの作成方法


作成手順は少し難しいですが、常設ができるので友達と遊ぶにはうってつけです。
つまり、フレンドにサーバーを共有できるので、みんなで同じサーバーでプレイすることができます。
レンタルサーバーでも可能ですが、常設だと安定してプレイが可能なためストレスフリーですよ。

※公式に質問版があるので、難しければ質問してみることをおすすめします。https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=2382282960

環境を確認する


こちらで紹介するのはWindows10professionalとなります。

SteamCMDインストールする


SteamCMDをインストールします。
こちらhttps://developer.valvesoftware.com/wiki/SteamCMD

インストール先はどこでもいいのです。
わかりやすいところにしましょう。
僕はC直下にしました。

batファイルを作成して、一部修正を加える
インストールした場所に、ValheimServerというフォルダを作成します。
このフォルダに新規作成からメモ帳を選んで作成します。

C:\steamcmd\steamcmd +login anonymous +force_install_dir D:\ValheimServer +app_update 896660 validate +exit

上記のように入力して保存しましょう。
ファイルの名前を『update.bat』にします。
拡張子をしっかりと確認してくださいね。
※今後もアップデートがあったらここをアップデートします。

出来たら、このファイルを起動します。
すると『start_headless_server.bat』というファイルができるので、そちらを修正します。

start valheim_server -nographics -batchmode -name "修正点①" -port 2456 -world "修正点②" -password "修正点③" -savedir "④" -public 1

修正点①サーバ名:好きなように決めていいです。これが友達に表示されるサーバー名になります。
修正点②サーバのファイル名:好きなように決めていいです。ゲームスタートのワールドの表記になります
修正点③サーバパスワード:パスワード6文字以上
修正点④必須ではないです。無視でも可

ポート2456-2458の開放(TCP/UDP)する

1.デスクトップ左下クリック、Windowsシステムツールからコントロールパネルをクリックします。
2.システムのセキュリティ→Windowsファイアーウォール→詳細設定へと遷移します。
3.受信規則、送信規則の新規の規則作成をクリックします。
4.「操作」タブから新しい規則をクリック
5.TCP/UDP両方の2456-2458のポート開放設定をする。
6.ポートにチェックを入れる
7.接続を許可にする
8.パブリックにチェックを入れる
9.TCPにチェックを入れる
10.ポート番号に2456-2458を入力
※同じことをUDPでも行ってください。

いよいよサーバーを立ち上げてみる

それではstart_headless_server.batを起動してください。

以下の手順で自分のIPをいれます。

自分のIPの調べ方はこのサイトから!

表示されているのがあなたのIPです。
Steamクライアントから表示→サーバー→お気に入りタブ→サーバーを追加

調べたグローバルIPの後ろに「:」を入力します。半角です。
するとお気に入りに作成したサーバー名が出てくるかと思います。

立てたサーバーに友達を招待する方法
友達に、Valheimを起動してもらいます。
あなたのグローバルIPとポート番号を入力もらい
ゲーム参加をクリックして、サーバー名を検索してもらいます。

これで一緒に遊べると思いますよ。

  • この記事を書いた人
アバター

モキチ

サブカルが好きすぎる会社員。 年間「ミル」漫画、アニメ、映画合わせると1,000本超え。 なんだかんだwebサイト運営歴は長くてほかにも数個webサイト持ってます。

-まとめ, ゲーム