まとめ

日本で一番最初にルイヴィトンを買った人は誰?板垣太輔より前に買った人が!

今や、ほとんどの人が知っているフランスの老舗高級ブランドのルイヴィトンですが、日本で最初に買ったのが誰か知っていますか?

今回は日本で初めてルイヴィトンを購入したのはだれなのかご紹介します。

長年、後藤象二郎と言われてきた

長年、最初にルイヴィトンを購入したのは明治維新で活躍した後藤象二郎と言われてきました。

それは1883年のフランスはパリにまで遡ります。パリ・スクリーブ通りにあったルイ・ヴィトン の顧客名簿を除くと1月30日に購入者として後藤の名前があります。

板垣退助の方が2週間早く購入していた

しかしながら、後に板垣退助の方が2週間早い1883年1月9日に購入していることがわかります。

その購入記録を確認すると、「Itagaki」と言う人物が、1883年1月9日に、シリアルナンバー「7720」のトランクをパリで購入したとなっています。

しかも、このトランクですが現物が残っています!

板垣退助の子孫が保管していたルイヴィトンのトランクが、このシリアルナンバー「7720」と一致するのです。

ここまで裏付けができているので、日本一で最初にルイヴィトンを購入したのは板垣退助と言っていいかと思います。

ちなみに、後藤象二郎と板垣退助は同じ土佐藩ということでも仲が良く、フランスに立憲政治の勉強できた際に、空いている時間を利用して一緒にショッピングをしていたそうです。

-まとめ