まとめ

静岡県がお茶産出額1位陥落!鹿児島県が首位に!

農林水産省の発表では、静岡県のお茶の産出額日本一でしたが2位に陥落しました。

静岡県と鹿児島県の茶産出額と荒茶生産量の推移((静岡新聞社))

2019年度のお茶の農業産出額にて、静岡県の茶は前年比18・5%減の251億円と激減しました。一方で、お茶の生産量が近年顕著に伸張していた鹿児島県に初めて1位になりした。産出額は鹿児島も13・1%減でしたが、産出額は252億円と静岡県をやや上回った形です。

静岡県は、1970年から続いた首位の座から落ちる結果となりました。

静岡県の茶産出額は1992年の862億円をピークにほぼ右肩下がりの状況。荒茶生産量も減少傾向で、19年は静岡県2万9500トン、鹿児島2万8千トンと1500トン差となっていた。

モキチ

今後、「お茶🍵=静岡県」とイメージが変わってしまうかも!

  • この記事を書いた人
アバター

モキチ

サブカルが好きすぎる会社員。 年間「ミル」漫画、アニメ、映画合わせると1,000本超え。 なんだかんだwebサイト運営歴は長くてほかにも数個webサイト持ってます。

-まとめ