blog SEO

Googleサーチコンソールの管理ユーザー共有方法と共有するメリットとデメリット

ぶたさん

「サーチコンソールの共有をしてください」

外部のSEOコンサル会社やデザイン会社などに仕事を依頼した際に、こんなことを言われて困ったことないですか?

カエル

GoogleサーチコンソールはGoogleアカウントがあれば、サイトの検索クエリや健康状態を確認できたり、サイトマップの送信やクローラーの呼び込みができるツールです。

Webサイトを運営していくのであれば必須のツールといえます。

カエル

まだ設定されていない方は以下をご覧ください。

no image
関連記事image-13

続きを見る

今回こちらではサーチコンソールの共有方法をご紹介します。

本記事の内容

サーチコンソールの共有方法
サーチコンソールの共有権限について
サーチコンソールを共有する際の注意点

それでは始めます。

Googleサーチコンソールの共有方法

Online blog

step
1
まずはサーチコンソールにアクセスをします。
>>https://search.google.com/search-console/

step
2
左メニューの「設定」をクリックします。

step
3
「ユーザーと権限を」をクリックします。

step
4
「ユーザーの追加」をクリックします。

step
5
【メールアドレス】の部分に共有するメールアドレスを入力します。
【権限】の部分をプルダウンから「フル」か「制限付き」で選択します。中身の数字を見るだけであれば「制限付き」で問題ないかと思います。

こちらで設定は完了となります。

お疲れさまでした。

Googleサーチコンソールの共有権限について

共有方法のステップ5で記載はしておりますが、共有権限は2種類あります。

それが「フル」と「制限付き」です。

制限付きでは以下の操作ができません。

「フル」の権限でできること

・ユーザーの追加と削除
・ユーザーの権限変更
・Googleアナリティクスの連携設定
・手動対策などの情報の閲覧

先ほど記載しましたが、コンサルなどで利用する数字を確認するだけなら「制限付き」で問題ないです。

悪意ある人間に共有してしまうと、むやみにユーザーを増やしたり、権限をはく奪されてしまうこともあり得ます。
けっこうやばいので気を付けましょう。

また、Googleアカウントを連携しているアカウントを制限付きに変更してしまうとアナリティクス連携が解かれててしまいますのでそちらもご注意ください。

Googleサーチコンソールを共有するメリット・デメリット

それでは最後に共有するメリットとデメリットについてご紹介します。

Googleサーチコンソールを共有するメリット

他社に共有するメリットは、大きく2つあります。

共有するメリット

・サイト分析の幅が広がる

・サイトのエラーに早く気づける

サイト分析の幅が広がる

共有するメリットとして最初に挙げたいのが、サイト分析の幅が広がって、より詳細な対策ができるところです。

逆に言うと、サーチコンソールが無いとなかなか見えない情報も多いので、せっかくコンサル会社に分析してもらうのであれば、共有は必須とも言えるかなと。

具体例を挙げると、検索クエリなどもわかるので、次にどんなコンテンツを作成した方がいいかなどのアドバイスももらえるようになります。

サイトのエラーに早く気づける

共有するメリットの2つ目は、ペナルティになっているページや、ページのエラーや除外になっているページなどがあれば早く対処できることです。

また、新しくそのようなエラーページが出てきた場合も、共有をしておくと通知が行くようになるので早く対処してくれるでしょう。

カエル

この点は、サイト運営者に知見が有っても、無くてもかなり有益です。

共有するデメリット

ズバリ悪用されるとまずいことです。

例えば、ほとんどないですが、やろうとすればサイトの重要データを抜き取って他人に販売することも可能です。

また、Googleに登録してあるメールアドレスもすべて見えてしまうのでそれを悪用される可能性もあります。

それ以外にも、悪用とまでいかなくても、突然知らないユーザーが追加されたりすることもあるかもしれません。

上記のようなことが起こらないためにも、共有先には気を付けましょう。

カエル

NDAを巻いておくのは必須ですね。

検索アナリティクスのデータなど分析に必要なデータを見るだけなら「制限付き」のアカウントで十分です。

それでも怖い場合は欲しい情報の画面をキャプチャで取って共有するなどの方法も取れますよ。

まとめ

Googleサーチコンソールの共有方法と共有するメリットやデメリットなどをご紹介しました。


Googleサーチコンソールは他の人に共有することでサイト情報が確認ができるので、サイト分析の幅が広がります。

そのため、外部の方にコンサルをしてもらうには共有がほぼ必須になっていると言えます。

一方で、サーチコンソールにある情報は「資産」といえるような重要な情報もあるので、共有先には注意した方がいいです。

どんな相手であってもNDAは巻いておいた方がいいと思います。

競合他社などに共有してしまうなんてことはやめましょうね!

自社の強味がばれてしまう可能性もあるので。

それではこの辺りで終わりにします。

-blog, SEO
-