まとめ

世界で最も使われている言語TOP10を色んな視点から紹介する

世界で最も話されている言語について気になったことはありませんか?
世界には7000を超える言語があるとされています。
類似点がある言語はありますが、一番利用されているのはどの言語なのでしょうか?いろんな視点から紹介します。

どの言語が最も話されているかTOP10 

世界には約70億人ほどいますが、単純に一番話されている言語は何かをTOP10で紹介します。


1位 英語 11億3200万 インド・ヨーロッパ語族
2位 北京語 11億1700万 シナチベット語
3位 ヒンディー語 6億1500万 インド・ヨーロッパ語族
4位 スペイン語 5億3400万 インド・ヨーロッパ語族
5位 フランス語 2億8000万 インド・ヨーロッパ語族
6位 標準アラビア語 2億7400万 アフロアジア語族
7位 ベンガル語 2億6500万 インド・ヨーロッパ語族
8位 ロシア 2億5800万 インド・ヨーロッパ語族
9位 ポルトガル語 2億3400万 インド・ヨーロッパ語族
10位 インドネシア語 1億9900万 オーストロネシア語族
https://www.visualcapitalist.com/100-most-spoken-languages/

英語が1位となりました。
1位になった大きな要因は、グルーバル化が進んだ現代で、諸外国とのコミュニケーションに利用されるのはまず英語であるからと言っていいでしょう。
そのため、多くの国の第二外国語として学ばれています。

また、これは意外にもしれませんが、これだけ世界で話されている英語ですが、
正式な母国語なのは「アメリカ、イギリス、アイルランド、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ共和国」の7ヵ国しかありません。

2位は中国語(北京語)です。
これは、人口によるランクインと言っていいでしょう。

ネイティブスピーカーが最も多い言語TOP10

それでは、ネイティブスピーカーの中で最も話されている言語はなんでしょう。
これは母国語の国の多さと、その国の人口数によってきます。


1位 北京語 9億1800万 シナチベット語
2位 スペイン語 4億6000万 インド・ヨーロッパ語族
3位 英語 3億7900万 インド・ヨーロッパ語族
4位 ヒンディー語 3億4100万 インド・ヨーロッパ語族
5位 ベンガル語 2億2800万 インド・ヨーロッパ語族
6位 ポルトガル語 2億2100万 インド・ヨーロッパ語族
7位 ロシア 1億5400万 インド・ヨーロッパ語族
8位 日本語 1億2800万 ジャパニック
9位 西パンジャーブ語 9300万 インド・ヨーロッパ語族
10位 マラーティー語 8300万 インド・ヨーロッパ語族
https://www.visualcapitalist.com/100-most-spoken-languages/

一位は中国でした。

これは人口の力と言っていいでしょうね!今や世界の5人に1人は中国人と言われていらことからも納得です。

インターネット上で利用される言語ランキングTOP10
ワールドワイドウェブ上のオンラインコンテンツは、何千もの異なる言語で消費されています。

他の言語よりも一般的なものもありますが、オンラインでの言語の使用が、それを話す人の数を常に反映しているとは限らないのは興味深いことです。たとえば、ヒンディー語は世界で3番目に話されている言語ですが、インターネットで使用されている上位の言語の1つではありません。

これは、インターネットで最も使用されている上位20の言語を、世界の人口の中で実際に使用されている言語と比較したものです。

%は上位1000万のwebサイトのシェア率


1位 英語 60.4%
2位 ロシア 8.5%
3位 スペイン語 4.0%
4位 トルコ語 3.7%
5位 ペルシア語 3.0%
6位 フランス語 2.6%
7位 ドイツ人 2.4%
8位 日本語 2.1%
9位 ベトナム語 1.7%
10位 簡体字中国語 1.4%
https://www.hootsuite.com/pages/digital-trends-2021

英語はオンラインでも最も多く利用されている言語となりました。
上位1000万のwebサイトの中で60.4%で利用されていることになります。
これはとんでもない数字です。

一方で、中国語は世界人口14%以上の人が話していて、ネイティブスピーカーは一番多い言語ですが、上位1,000万のWebサイトの1.4%でしか使用されていません。

2位は意外にもロシアです
ロシア語コミュニティであるRunetが存在感を出していることが要因です。
この要因の1つにはソビエト連邦の一部であった国がロシア語を使っているということも挙げられます。

また、インターネットの使用率だと、トルコ語、ペルシア語が多いのが特徴的です。

  • この記事を書いた人
アバター

モキチ

サブカルが好きすぎる会社員。 年間「ミル」漫画、アニメ、映画合わせると1,000本超え。 なんだかんだwebサイト運営歴は長くてほかにも数個webサイト持ってます。

-まとめ