ヘッダー画像

スコッチウイスキー

ボウモア10年、12年、15年の特徴とオススメの飲み方とボウモア蒸留所について

投稿日:2018年7月24日 更新日:

ボウモアの歴史と特徴


ボウモアはアイラ島で作られるスコッチウイスキーの一つで、その中でも最も古い1779年に創業を開始した蒸留所で作られています。

ボウモアは現地の言葉で、「大きな湾」という意味を持ちます。

同じく、アイラモルトの一つである「ラフロイグ」が「アイラの王」と呼ばれる一方で、ボウモアは上品な味わいから「アイラの女王」と呼ばれています。
また、そう呼ばれる理由はもう一つあって、あの英国女王エリザベス2世が自ら見学に来たことのある蒸留所です。

ボウモアの蒸留所はとても特徴的で、海抜がほとんど0mのところに建っていて、なんと貯蔵庫の一部は海面にあたっています。

 

ボウモアの伝統的な製法

ボウモアはアイラのスコッチウイスキーの中でも非常に洗練された味わいを持っています。その品質を支えているのが昔ながらの伝統的なポットスチルでの蒸留と何と言っても「フロアモルティング」という製法です。

一般的にモルトウイスキー作りは大麦を大麦麦芽にするモルティングという工程があります。ボウモアのモルティングは特別なモルティグで、24時間体制で職人が木製のスコップで大麦を均一に発芽させるため攪拌させているのです。
これがフロアモルティングです。

ボウモア蒸留所は、大麦を自社栽培しているという点もこだわりの一つです。

要するに、一番手間がかかるモルトウイスキーなのです。品質が高いのは納得ですね。

また、他のアイラウイスキーにも当てはまることですが、独特のスモーキーさも手間がかかっています。麦芽をただ乾かすのではなく、湿っている段階で泥炭を焚きウイスキーを燻して乾燥させているからこそ生まれる香りなのです。

スポンサーリンク

ボウモアの味わいと特徴

ボウモアはアイラウイスキーに外れず、独特のピート香とスモーキーさがあるウイスキーです。
ただ、ボウモアの面白いところは、他のアイラウイスキーにはないチョコのようなコクがあり、カラメルのような香りを感じることが出来ます。
また、ピート香も上品に抑えられていて、刺激が少ないので、口当たりが滑らかです。アイラウイスキーを初めて「飲もう」という方は最初に試すのをオススメできるウイスキーです。

12年、15年、18年と銘柄がありますが、それぞれ少し違いますので試してみてください。
ページ下部にて説明しています。

 

ボウモアのオススメの飲み方

スコッチウイスキーの基本にはなりますが、ボウモアもロックかストレートがオススメです。
ピート香やその複雑な味を楽しめるためです。

ただ、ボウモアはアイラウイスキーの中でも甘い香りが強い方なので、水割りも美味しいです。水を加えることで甘みが引き立ちとてもいい香りを出します。
アイラウイスキーの新しい一面が体験できるかもしれませんので、是非オススメです。

 

ボウモア蒸留所のウイスキー

ボウモア12年

ボウモアのスタンダードボトルです。香りは、アイラモルトらしいピート香とヨードの香りが広がります。初めは潮風の香りもしますが、後味はハチミツのような甘さとレモンのような香りがあります。
また、ビターチョコレートのようなコクも感じられます。
ピートのクセは強いですが、アイラモルトの中では抑えめで、後味も繊細なことからも、初めてアイラモルトに挑戦したいという方にはオススメの一本です。

価格も3000円とお値打ち価格です。

 

ボウモア15年

バーボン樽で12年原酒を熟成させた後、オロロソシェリー樽で3年熟成させたウイスキーです。
色も12年の琥珀色から赤褐色に変化しています。
香りは12年よりもスモーキーさは薄れて、代わりにダークチョコレート感が強くなっています。
味も全体的に12年と比べると丸くなっています。アルコール感があまりなく滑らかな印象を持ちます。
最後には、熟成させた樽のシェリーが微かに香ります。

価格は8000円程度です。

 

ボウモア18年

18年は15年よりもさらにシェリーでの蒸留期間が伸びているため、ボウモア特有のピート香から感じられるスモーキー感はもちろんですが、甘みがさらに強く感じることができます。

価格は9000円程度です。

二日酔い対策におすすめランキング

二日酔い対策や、酔っ払わないようにしないといけない時に大活躍するサプリメントをご紹介します!

初回980円!ヘパリーゼZ!

あのヘパリーゼをいつでも持ち運びできるようになりました! それがこの錠剤版の「ヘパリーゼZ」です。 市販のドリンク版よりも【価格も安く】、【2倍もの肝臓エキスが入っている】ので効果的です! 楽天市場のサプリメント部門で1位も獲得しています。
  • この記事を書いた人

bear

-スコッチウイスキー
-, , , , , ,

Copyright© Babylon , 2018 All Rights Reserved.